大切な時間
いい時間
忘れる時間
忘れたくない時間
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
野外では、虫さされに注意

5/15か16日頃

 

とある駐車場で、1時間程洗車しました

 

その夜、かゆくて痒くて

 

ブヨに10か所ほど、噛まれていました

 

症状がひどかったので、市販の飲み薬を飲みました

 

 

予防にはハッカオイルが効くらしい

 

朝夕、日陰、きれいな水場は特に注意

 

こちらのページを参照しました

 

http://www.experienceniseko.com/ja/news/tips-for-bitten-by-buyo

 

今時期の野外活動には、ブヨにご注意ください

 

 

JUGEMテーマ:ニセコ スタイル

 

ニセコ comments(0) trackbacks(0)
羊蹄山と桜

次の日、晴れました

 

かるく羊蹄山麓一周してきました

 

社の桜と、残雪の羊蹄山はなかなか良かった

 

次々と人が訪れていました

 

社の桜

 

新緑の季節が楽しみです

 

JUGEMテーマ:ニセコ スタイル

羊蹄山 comments(0) trackbacks(0)
北海道、ニセコ、春の峠越え

北海道の5月中旬

 

バイクで走るには、寒い日が多い

 

早朝に峠越えを試みたら、失敗しました

 

雨まじり、寒すぎて動けなくなった

 

”きのこ王国”に、逃げ込みました

 

きのこ王国サマ

 

防寒対策に電動のハンドルウォーマー付けたけど、効かず

 

このタイプは、ココと今には無効でした

 

(蒸発した水分が内側にこもってグローブじっとり、

よけいに冷えたかも)

 

多分、グリップヒーター&ハンドルカバーが良いかも

 

それでも峠越えは、状況と相談ですね

 

麗水

 

晴れた日中は、ぜんぜん走れますよ

 

 

JUGEMテーマ:ニセコ スタイル

 

ニセコ comments(0) trackbacks(0)
今朝の海




JUGEMテーマ:空の写真
打田原 - trackbacks(0)
奄美大島に来ました。

龍郷付近にて

沖縄時代のブログURL:
http://yd1fotoffice.ti-da.net/

 
- - trackbacks(0)
冬の万座毛


沖縄で一番の人気の景勝といえば、万座毛だと思います。

毎日、沢山の観光客が訪れます。

ここは、2つの特徴があります。

1.象さんの鼻のように侵食された断崖。

2.自然の条件により、原っぱのように開けている。

1を観る展望場所から、2の真上まで原っぱは続いている。

歩いて散策することもできます。



冬の万座毛は、北うねりを受けよく荒れている。

岩に叩きつける海水の動きに目を見張る。



なんとなく連れてこられたような人もいる。

沖縄を、夢の中のように遊んでいる人もいる。

そこ来たすべての人々を一つにする、自然のエネルギーを感じた。



後ろを見ると月が現れていた。

残照の余韻に、風の歌が聴こえてきた。



yd-fotoffice

yutaka date

2011,Apr.





JUGEMテーマ:沖縄より情報発信!!





 
万座毛 - trackbacks(0)
シアトル・スポーツ,ハイドロスター・マルチストロボ.


去年の沖縄ー奄美大島の旅で使用しました。

シアトルスポーツのハイドロスター・マルチストロボ。
 
沖縄ー与論島間は、夜間渡航だったので、活躍してくれました。

バウには釣り用の大型グロースティックを装着。

その上部にフックがあって、留め具も付いていて、楽に着けられた。

波が2mmくらいあったので、延長ポールは効いていたと思います。

日中の渡航の際も、目立つので認識され易くなる。

遠征中は、常時備えつけたままにしていました。

この位置だと、積み下ろしの妨げにはならなかった。

日々の就航計画段階で、いつでも夜間を想定できるので

心の余裕につながっていた。


点滅、常光、赤灯など様々な投光種類があるのも、良い。

非常時、懐中電灯代わりにできる。

暗い時間の着岸で、荷降ろしの際、パッとはずして使用しました。


防水性も問題ありませんでした。

帰ってからメンテしましたが、サビのたぐいは見あたらなかった。


不満点が、一つあった。

ポールの下部に、接地するための4点の細いバンジーコードが付属されている。

長さを調節したが、不安定だった。

上部に、太めのラインを3点付加した。

スターン側だけ、バンジーを使って不意の衝撃をかわせるよう考慮した。




この旅での使用に関しては、かなりハイレベルに機能していたと思います。

単純なモノであるが、これと同等品の自作は難しい。

メーカーに、感謝!!


てぃーだブログにて、この旅の記事を書いています。

http://yd1fotoffice.ti-da.net/

是非、どうぞ。



JUGEMテーマ:シーカヤックを知りたい!


 
カヤック ニンバス - trackbacks(0)
こんなの無いよ、本島に。
晦日に先だって、作品の整理をしています。 15年前の写真を、観たりして。 内地で撮っていた期間よりも、 沖縄の方が遥かに長くなっていることに、ドッキリ。 そして、日常になってしまった亜熱帯の鮮烈さに、 ハッとするのでした。
西表島の色は、ケタ違いに濃ゆい。 ブログランキング・にほんブログ村へ
- comments(0) trackbacks(0)
総合パドル「 SUP vs SEAKAYAK 」


熱きパドルラッパーの友人と、小さな島を流してきました。

同じ海を愛する仲間であっても、感覚は様々。

いろんなやりとりの中で、お互いの周波数はマッシュアップ!!

彼の「海遊び電波」はヴィヴィッドで、とても刺激的でした。



男の人は、「隠れ家」が好きです。

逃れてファンタジーに跳ぶ、ピーターですからね。

こんなのありそうでなかなか無いトコです。

一泊したいな。



島の裏手に回ると美しいビーチが並んでいます。

ちょうど風裏で気分良好です。

彼のドデカ遠征用sup。

向かい風でも、僕の漕ぐカヤックと同等にそれを扱っているのには驚いた。

一般的では無い、僕らのパドルセッションも、彼だからできたのかもしれません。



一日中生命の源、海に包まれ、宇宙からやってくる無限の光をあびています。

海岸線は、自然の植生が育まれ、水陸小動物のジャングルだ。

そこで自由な創造力を与えられた海人は、次々と新しい海遊びを発明。

ウエイクボードもカイトボードも、無かったもんな、昔、、、。

SUPは古くて新しいのか。


楽しいことは、やめられない。

***yd-fotoffice***


友人の話では:http://okinawa-padobo.seesaa.net/article/158495638.html







JUGEMテーマ:沖縄より情報発信!!
 
カヤック ニンバス - trackbacks(0)
シーカヤックのシークレットポイント


この島は初心者でも手軽に渡れて、ロケーションも充分楽しめる。

ビーチの砂は真っ白くサラサラで、透明度も高い。

北側にある広い岩穴は、いつも日をよけるのでランチに最適である。



隣の島には灯台があり、そこから眺める景色は素晴らしい。

小さな島からの眺望は360度海に囲まれているので、正にパノラマだ。





干潮時に、リーフの切れ目を歩いてルアーを投げたら良さそう。

この島で遊べるのも、いつまでだろうか?

ここは、今話題となっている飛行場建設候補地にあるからだ。

もっとも自然の美しい場所に、ゴミ処理施設や飛行場の建設される傾向がある。

自然がそのまま残っている=人気がない=住居が無い=「建設しよう」となる。

僕がこの10年間で見てきた事実である。



JUGEMテーマ:シーカヤックを知りたい!
 
ひみつのビーチ - trackbacks(0)
| 1/6 | >>